古銭の種類、どれだけあるの?

幕末以前の古銭は、古金銀と穴あき銭

日本の古銭で幕末以前のものは、材質が金銀の場合には古金銀と通称され、それ以外の材質(銅や鉄)はその形状(全体は円形で中央に四角の穴がある)から穴あき銭と通称されています。ただし、穴あき銭の形状をしているのに材質は金や銀のものもあり、金や銀が材質なら一応は古金銀に分類されますが、正式に決まった分類があるわけではありません。
日本で最初に製造された硬貨は無文銀銭とされ、次に銅貨の富本銭が製造されたとされますが、不明な点が多く、謎の硬貨です。次に、奈良平安時代に皇朝十二銭が製造されます。その後、硬貨の製造が中止され、代わりに渡来銭が流通します。桃山時代になって、豊臣秀吉が戦国武将への恩賞用として、穴あき銭の形状をした銀銭や金銭を製造します。江戸時代になると、古金銀では、計数貨幣として楕円形の大判小判や長方形の二分判金や一分判金などが製造され、秤量貨幣として不定形の丁銀や豆板銀が製造されます。また、銅銭(または真鍮銭や鉄銭)として穴あき銭の寛永通宝が製造されます。百文に相当する真鍮製の天保通宝も製造されました。仙台通宝や函館通宝のような地方銭もあります。

明治以降の硬貨は、近代銭

明治の最初期は、長方形の明治二分判金や明治一分銀などの江戸時代さながらの硬貨を発行しますが、明治3年以降、ヨーロッパ式の硬貨製造法を取り入れた精密極まる金貨銀貨あるいは銅貨などを製造できるようになります。硬貨に製造年の表記を入れることも、これ以降始まります。製造年によって製造数が極端に違うことにより、近代銭では製造年で稀少性が基本的に決まることになりました。ただし、コレクションとしては、保存状態も稀少性を決める重要要素となります。
近代銭では、記念硬貨が発行されることも見逃せない特徴です。日本では、昭和39年発行の東京オリンピックの1000円銀貨および100円銀貨を手始めに、数多くの記念硬貨が発行されています。