古銭を売る前にやるべき事

まずは古銭の真贋を見極めよう

古銭を売りたいと考えている方、どこに売るかを考える前にまずは、古銭の真贋を見極めましょう。
その古銭をどこで入手したのかが重要です。知り合いにもらった、あるいは道端、ゴミ捨て場などで拾得した。そんなこともあるかもしれません。しかし、そのような入手方法である場合、それが本物だという確証は何もありません。古銭のレプリカを製造はおろか、所持しているだけで違法とみなされる場合もあるようなので注意が必要です。
実家などで代々受け継がれてきたなど、それが本物であるという確信の持てる古銭であるなら、真贋を見誤ることはないでしょう。このとき特に大事となるのが、鑑定証や専用ケースのあることです。記念硬貨などは、専用ケースに入れて保管することが多いため、古銭が本物だという証拠にもなりますし、買取を希望する場合の価格アップにも繋がります。

古銭を洗ってはいけません

買取を希望する古銭がある場合、してはならないことがあります。
古銭が汚れているからと、洗ってしまうことです。素人が洗ってしまうと、目に見える汚れは落ちるかもしれませんが、同時に細かな傷を古銭につけてしまうことがあるのです。薬液を使って洗ったり、磨いたりすることはご法度です。良かれと思ってしたことで、買取金額を下げてしまうことほど、残念なことはありません。
古銭は汚れていても、それが逆に味を出している、ビンテージ物として扱われることもあります。長い年月を経て少しずつ積みあがっていった汚れで、人工では出せない風合いを出している場合があるのです。
以上の点からも、売りたい古銭がある場合はもちろん、今後古銭を見つけた場合は洗って綺麗にしようという考えを持つことはやめましょう。